債務整理の費用相場【知っておきたい債務整理事情を徹底調査】

債務整理の費用相場【知っておきたい債務整理事情を徹底調査】

債務整理の費用相場【知っておきたい債務整理事情を徹底調査】

債務整理は借金の返済が困難または不可能になったさいに行われるものです。債務整理の目的はひとつは債権者と交渉して現実可能な額まで減免してもらうか、返済を諦めて破産し、借金をすべて免除してもらう2通りがあります。そのため、債務整理にもその借金の程度によって対応が変わってきますし、とられる対応によって掛かる費用も変わってきます。
債務整理のうち、金利負担によって元金の返済がままならない状態になると行われるのが任意整理です。任意整理は弁護士や司法書士に仲介を依頼して債権者に交渉してもらうもので、費用の相場は弁護士の場合には着手金や基本料金などから1社あたり10万円は必要になり、減額に成功した場合には減額された金額に応じて、成功報酬が請求されます。また司法書士は基本料金のみで、その半分ほどで行うことができますが、債務額が140万円以下であることが条件になります。なお、任意整理は債権者の同意が必要であるため、債権者が応じない限り成立させることができません。
任意整理では現実可能な返済額にならない場合には裁判所に申し立てて行う個人再生があります。個人再生では、裁判所が認めれば債務を5分の1程度に減免できますが、弁護士に依頼した場合には30万円から50万円ほどが相場で、司法書士では20万円から30万円ほどが相場とされます。個人で行う場合でも30万円近くが掛かるため債務整理の中では、もっとも費用が掛かる手段といえます。
なお、債務の一切を免除してもらう自己破産では個人で行う場合には5万円、弁護士では30万円以上、司法書士では20万円以上が費用の相場とされます。