債務整理が出来る条件って?~債務整理を考えている方へ~

債務整理が出来る条件って?~債務整理を考えている方へ~

債務整理が出来る条件って?~債務整理を考えている方へ~

ローンやキャッキングサービスなどによって借金を多く作ってしまい、返すことができなくなってしまった場合、生活に困窮してしまうことが考えられます。
借金問題を抱えてしまった人を救済し、生活再建を図る手段として、合法的に借金の減免をすることができる手続きのことを債務整理と言い、多くの人が利用をしています。

債務整理には様々な手段があり、自分自身の負債額やこれからの再建計画に応じて適切な手段を選択し、生活の再建を目指すこととなります。

債務整理の手段として代表的なものとしては、任意整理や個人再生、自己破産などが挙げられます。
それぞれの債務整理は手続きや条件が異なるため、自分にあった方法をよく吟味するとが重要といえるでしょう。

任意整理は裁判所を通さずに行う手続きであるため、手続きにあたって絶対的な条件というのはありません。
ただし、交渉で債権者を納得させられるだけの再生計画をしっかりと練ることが最低条件と考えられるでしょう。

個人再生の場合は裁判所に再生計画を認めてもらうことが必要となります。
一定の継続安定収入があることと、住宅ローンを除く負債残高が5千万円以下であることが申請の条件となります。

自己破産は負債を帳消しにできる最も強力な債務整理の方法ですが、その分条件もやや厳しめです。
過去7年以内に自己破産をしていないことと、負債の原因が浪費でないことが条件となります。

収入を大きく上回るような買い物が原因でできた負債やギャンブルなどによってつくった負債は自己破産で帳消しにすることはできないので、注意をする必要があります。