債務整理とクレジットカードにまつわるQ&A【疑問・不安を解消!】

債務整理とクレジットカードにまつわるQ&A【疑問・不安を解消!】

債務整理とクレジットカードにまつわるQ&A【疑問・不安を解消!】

自己破産をすれば借金が全額免責され、個人再生を行えば住宅ローン以外の借金が減額されます。任意整理であると利息制限法を基準に再計算をし、払いすぎにあたる利息分をなくしたり、債権者と交渉をして返済期間を延ばしてもらうなどが可能です。
これらは全て債務整理と呼ばれるもので、やむを得ない理由で借金の返済が難しくなった場合に、弁護士などの協力を得ながら解決を目指す方法です。
借金に悩む人を助けてくれる債務整理ですが、クレジットカードなどを作る際に問題となる、ブラックリストに掲載されることを、どれだけの人が知っているでしょうか。
クレジットカードや様々なローンを申し込む時に、貸金業者や金融機関で信用情報機関の情報を参考に、審査が行われます。信用情報機関では個人のお金に関するあらゆる情報を持っており、ここに金融事故の事実が登録されていることを、俗にブラックリストに載るといわれています。
ブラックリスト状態であると、たとえショッピングだけの利用であっても借金をするのと変わりはありませんので、審査が甘いとされているクレジットカードの審査でさえも、何年間か通ることがありません。
債務整理の中でも、ブラックリストの解除が最も早いのが任意整理です。任意整理が無事終了し、ブラックリストが解除された後は再びクレジットカードなどに申し込むことができますので、できるだけ制約の少ない任意整理で、借金問題の解決を目指しましょう。